ソープ嬢が本指名の客に優しくなる理由

ソープなどで、何度も同じコンパニオンの女性を指名していると、だんだんと仲良くなってサービスが良くなってきます。 何故そうなるのかというと、実はこれは単純に固定客を掴むためというだけではないのです。 ソープなどの内のシステムとして、「固定客を掴んでいるコンパニオンは地位が上」というものがあり、これはソープ業界全体の絶対的な掟というものです。 3度目からの指名を本指名と言いますが、この本指名の本数が多いコンパニオンは人気嬢ということになり、店への貢献度も高くなります。 高級店では人気嬢には自分が優先的に使用出来るうえ、内装なども自由にコーディネート出来る部屋が与えられます。 俗に言う部屋持ちという女性ですが、こうなってしまえば店側にもある程度の無理は通りますし、収入が増えるしということで、固定客を逃さないためにもサービスを良くしているというわけです。 そんなワケですから「何度も入っているから、自分に好感を持ってサービスしてくれている」と勘違いするのはお門違いというもの。 風俗で遊ぶということは、それ即ちお金の関係であり、金の切れ目が縁の切れ目ということですので、過度にのめり込みすぎるのは身を滅ぼすことにもなりかねませんので、自重しながら遊ぶことを心掛けましょう。