ソープランドの料金形態について

ソープランドと一般的な風俗では料金形態が少し違います。  一般的な風俗だとホームページに載っている値段がそのままの代金になってくるのですがソープランドの場合お店のサイトにアクセスしても入泉料としか載っていないと思います。そこで代金が入泉料のみと判断しお店にいくとお金が足らないということになりかねません。 なぜ足らなくなるかというとソープランドという物は入泉料(入店した際にお店のフロントに払うお金)+サービス料(相手をしてもらったソープ嬢に払うお金)に分かれます。 なぜそんなめんどくさいことをするかというとソープといえばセックスありというのが基本なのですが店側はセックスすると知っていながら料金を貰うと法律で摘発されていしまいます。ですのであくまでお風呂屋さんとして入泉料を貰う のみでサービス料に関してはノータッチとなってきます。 だいたい相場で入泉料8000円の大衆店の場合サビース料は11000円ほど。 また入泉料50000円ほどの高級店だった場合サービス料は3−40000円ほど掛かってくるかと思います(地域やその店によってサービス料は異なりますのであくまで目安として)。 ですので高級ソープは総額10万を越えてくるところも多々あります。私はど貧乏なので宝くじが当たらないいけません。でも死ぬ前に一回でもいいから行ってみたいですね。 以上ソープの料金形態について書きました。