本物のギャルと出会えたソープ

若い女の子のことをギャルと呼ぶのかもしれませんが、私にとってのギャルというのは、若いだけではありません。私の考えるギャルというのは、若いにプラスしてこんがりと日焼けしていることです。最近の若い女の子はあまり日焼けしておらず、色白が目立ちます。ですから普段の生活の中で私にとってのギャルに出会う機会は本当にありませんでした。しかしそれを見つけることができたのがギャルがたくさん存在しているソープだったのです。時々ソープで遊ぶことがあり、この時も遊ぶお店を探していたのですが、偶然にも若くて日焼けしたギャルを発見してしまったのです。これは偶然では無く必然だと思い、このソープを訪れました。受付で女の子を見せていただくと、本当に理想的なギャルばかりです。中でもお尻と胸が大きく、見るからにエロさが伝わってくるギャルを指名しました。このギャルは20歳と若さ全開で、会話をしていても時々噛み合わないことがありました。それでも明るいですし、とても良い女の子に見えました。しかしプレイに入ると責め派かと思いきや受け派になってしまい、このギャップに興奮してしましました。やはりイケイケに見えても可愛い女の子だったのです。また騎乗位で揺れるギャルのおっぱいや艶やかな日焼けした肌は最高でした。